ヤバ過ぎるだろ!雷好きにはたまらない都市ベスト3

スポンサードリンク

ダーウィン(オーストラリア)

インド洋と太平洋の交差点、高い湿度、熱帯気候が雲を発達させやすい。
オーストラリアはダーウィン以外にも雷多発地帯が多く存在する。
雨の多い夏(日本が冬の時)であれば観光地として有名なゴールドコースト周辺でも毎晩のようにスコールとともに稲妻を鑑賞することができる。

ジャモジャムもワーキングホリデー期間中にはオーストラリア中で農業に勤しんでいたが、夏場は夕方からスコール・雷に見舞われて畑でびっしょりになるというのはよくあることだった。

2002年には大きなカミナリ雲がダーウィンを取り囲み、雲から地面に到達する稲妻が同タイミングで5000本も記録されたというから驚きだ。

ダーウィンには世界中からストームチェイサー(嵐を追う者)が集まるので雷専門の写真家もたくさんいるらしい。

美しい。なんかラッセンの絵みたい。
海に落ちた雷って海中ではどうなっているんだろう。

ダーウィン稲妻
Nightcliff, Darwin, Northern Territory. From BOM’s 2016 Australian Weather Calendar.
Photo: Cathryn Vasseleu

次のページへつづく

youtubeでゲーム実況を行ってます!
気に入って頂けたらチャンネル登録お願いします!



日本でもリアルマネーで遊べるベラジョンカジノ

登録方法・ボーナス申請方法・入金方法・遊び方


バカラ好き必見!合法オンラインカジノ

ページ:
1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせフォームにご記入ください。
ジャムガルドの楽しみ方・プライバシーポリシー・問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る