初めての4DXシアターの話~4D映画の感想、オススメかどうか~

4DXって知ってる?

映画館の話なんだけどさ、2Dは平面的な普通の映画の事

3Dは立体的に飛び出す映画の事

そんで4Dはね

その他もろもろが飛び出したりするんだよ

例えば椅子が動いたりとかね、映画館によって色んな種類の4Dがあるんだって

実際に映画の世界にいるかのような気分になれる体感型映画って感じかな

 

そんな4Dを初めて体感した時の話をします

そうそれは海外旅行中での話

初めての海外旅行で浮かれてたジャモジャムは、東南アジアの物価が安い国という事もあってだいぶ浮かれてた

豪遊です豪遊

たぶん現地の人が「え?なにこの人貴族かな?」って思うくらい金払いが良かったね

鳥貴族では絶対1500円以内!と決めてるくらいケチなジャモジャムがそんなに太っ腹になる事なんて滅多にないですよ

例えばマンゴーの切り身を買う時ね、日本円でせいぜい50円~150円くらいなものですがその2,3倍チップとしてあげたりとかね

やっぱりこんな金持ち的な気分は味わった事がないからさ、今の若い人の言葉を借りるとただのしがないパンピーだったジャモジャムがちょっと飛行機で別の国に来ただけでこんな事になるなんて・・・!ってもうまるでアメリカンドリーム気分でシンデレラボーイ的なノリでいたんですよ

日本では見かけない物乞いの方もいたりして、そしたらポンっと300円くらいの価値のお札(硬貨じゃなく紙幣っていうのがポイント)を上げたりしてね

だって鳥貴族で鳥釜飯食べるのを我慢したら見知らぬ国の他人が少し幸せになれるなんて素敵な話じゃないですか!?

鳥釜飯美味しいけどね!超美味しいよあの釜飯は!でも目の前で困ってるこの人に幸せを分けてあげる事が出来るという喜びの方が勝ってたね完全に

旅の恥は掻き捨てっていうけど、あれは恥だけじゃなくてあらゆる勇気のいる行動が助長されるよね旅先では

 

でも後で知ったんだけどさ

プロ乞食っていう人がいるみたいで、物乞いだけで会社員の平均収入以上を稼ぎ出したり、お金を観光客から恵んでもらうためにわざと手足を切ったり子供をケガさせたり

誰か悪い人が文句を言えない人に無理矢理物乞いをやらせて管理し、売り上げを持っていってまた悪い事に使ったりされる事もあるんだって

特に子供の物乞いは絶対にお金を上げるべきではないって聞いた

裏で悪い大人が絶対いるからだって

なるほどだよね

他にもタダでお金を恵むというのは必ずしも良い行いとは言えない、という意見をどこかしこでも見かけて色々と考えさせられました

これジャモジャムやっちゃったなって反省しました心から

こんな感じで考えなしの表面上の同情心だけでお金を上げちゃう無責任な日本人が多いから、よく日本人が物乞いのターゲットにされるという記事を観た時はもう完全に

「これだわ。ジャモジャムやったのこれだわ」って猛省ですよ

テンプレ日本人よもうテンプレ

見た目だって眼鏡かけてカメラぶら下げて参考書小脇に抱えて髪型七三のチビって日本人のイメージそのまんま!(参考書ってあれよ、マップとかね)

もうテンプレ日本人過ぎて物乞いの人にも名刺交換する勢いだったもんね

「あ!どうもお世話になっております!私日本国のジャモジャムと言うものですが、お名前を頂戴してもよろしいでしょうか?」くらいのまさにイメージ通りの日本人だったからカモ中のカモよ。ネギ2,3本背負ってたかもしんない。鳥貴族のネギま2,3本抱えてたかもしんない。タレで

でも確かに今思うと子供の物乞いの食い気味加減は凄かった。囲むからね複数で。激安スーパーの試食コーナーに高級黒毛和牛登場か!くらいの食い気味よもう

病気のお母さんを食わせなきゃいけないのかな?とか色々泣けるストーリーを想像してたけど、子供に物乞いをさせる親!って話ですよ

もしかしたら本当に動けない大変な状態のお母さんを食わせなきゃいけない子もいるかもしれないですけど、でもそれを見ず知らずの外国人がささっとお金を上げるっていうのは根本的な解決になってないですもんね

それにそもそもそんな境遇の人は物乞い全体の何%なんだろうって話ですよ。出会ったその場では判断出来ませんから

 

でもこんな人もいました!

その人見た目はまるっきり物乞いなんですよ!服なんて砂まみれで道にカモフラージュしてるのかな?くらいの

でもね、その人色んな工夫を凝らしてアクセサリーや雑貨を売ってたんですね

これは良い!って思いましたよね!完全に手作り、その人が生み出した商品ですから!

観光客には丁度いいお土産兼、善い行いというちょっとしたエゴ回収が出来るという一石二鳥ですよ!そんで値段ももの凄い控えめなんですよ!

「ねだるな!勝ち取れ!真っ白にな!」っていう名台詞がなんかの漫画でありましたが、調べたらエウレカセブンですね!「交響詩篇エウレカセブン」ですよ!

そんで「ねだるな!勝ち取れ!さすれば与えられん!」でした。なんやねん「真っ白にな!」って

語呂が良いから多分勝手にあしたのジョーの「燃えたよ・・・燃え尽きた・・・、真っ白にな!」とごっちゃになっちゃったんだね

とにかくね、これだな。社会ってこういう事だなって思いましたね

旅行先って楽しいだけじゃなくて、色んな異文化に触れる大規模な社会科見学になるから大人も子供も色んな国へ行ってみて欲しいものですよ

 

そして話はタイトルの映画館4DXの話になるんだけどね、これがまた映画も安い事安い事!

日本は1800円でしょ普通の映画!そんで3Dだと2100円!そして4DXが2800円!?高っ!さらに3D眼鏡も必要な奴だったら3100円??ん!?4DXって必ずしも3Dとは限らないらしい!

2D映画+座席揺れたりするよーってパターンもあるって事だね!

ていうかね、あのね「中川コロナシネマワールド」の料金表くそ見にくい!!!!

ここね

最終的にいくらかかるのか全然わかんねぇ!!

歌舞伎町のキャバクラかよ!色々細かい値段設定して知らぬ間に鬼の様な請求来るんじゃないかって不安になるわ!!

もうね、大好きな作家の推理小説かっていうくらいに熟読したんだけどさ、サイトをね、そしたら分かりにくい理由はあれだ

「3D眼鏡の本体価格」のせいだわ

それがどこにも書いてないからピンと来ないの

店舗によって値段が違うとか、ちょくちょく別の商品を扱うとかあるかもしんないよ

でももっと分かりやすく書けると思うんだよね

それとも単にジャモジャムの読解力が欠乏してるのかな??そうなのね??どわっはっはー!!妖怪のー!せいなのね!

まとめると

2D 1800円

3D 2100円と眼鏡代

2D+4D 2800円

3D+4D 3100円と眼鏡代

こういう事ね!日本の映画料金の現状!

 

そんで一方その東南アジアはね!タイ王国なんだけどなんとね!

2D 500円前後

3D 900円前後

4D 1500円前後

こんくらいだった!

特筆すべき点は、映画館ごとに値段が若干違う事!

高いとこなら2Dでも1000円近くかかる!でも激安の所でサービスデーの時だと350円くらいの所もあったよ!新作ね勿論!

アメリカ映画とかタイの方が日本より上映早いから、いち早く最新映画を観れるししかも激安ってわけ!

そんでせっかくなんで観ましたよ・・・!そう!4DXってやつをね・・・!!

まだ日本でも行ったことが無い人が大勢いるという幻の4DX、果たしていかようなものなのか!

ちなみに観たのは「ルーシー」っていう超能力者系の映画

スカーレットヨハンソンとモーガンフリーマンが出てて、人間が脳みそを100%使ったら・・・ってやつね

まず初っ端驚いたのがさ

映画上映直前に王様の映像が流れるから全員起立しなくちゃいけないってこと

旅行者も貴族も鳥貴族も関係なしです

タイで一番偉い人なんですからみんなタイ国内では敬意を払わなければならないのです

もし知らずに座ってたら注意されるらしいですよ周りの人とか係員とかに

ジャモジャムは周りの目が気になるテンプレ日本人だから初めてでも当たり前のように立ったけどね

「知ってらぁ!」って「立てらぁ!」って

内心「え!?映画感で立つの!?」ってスーパー食いしん坊ばりの勢い任せにやっちゃった感は出てたけど旅行者はそりゃみんなそうなるよね

タイで出会ったと思われるニューハーフ風の綺麗な愛人を連れた白人さんが

「なになにどうしたみんな?え、誰これ王様?立つの?え~面倒だよ!僕外国人!ノットタイ人よ~!」って抵抗してたけど、愛人が手を引っ張って立たせてた

そのくらい王様が大切な国なのです

でも北朝鮮みたいに無理矢理じゃないみたいですから普通に素晴らしいですよね!

 

でね4DX自体の宣伝が始まったのね

色んな4D機能が数分で全て味わえる、そのためのPR映像ね

色々あったよ本当にびっくり

霧とかフラッシュとか水鉄砲とか耳元で空気が出るやつとか匂いとかね!

特に匂いはびっくりした!お花が満開になるシーンでふわっと香るお花畑の香り!

映画本編楽しみっ!!ってテンションマキシマムよ!

でも同時に気付いたんだけどね、これあれだ、2D+4Dの方だわ。3Dではないわってね

絶対3Dって書いてたのになぁ

日本語で「この映画は3Dですが3D眼鏡は必要ありません」って書いてたのになぁ

でも文句はありません!それくらいこの4DXにわくわくしてるんですからね!!うっひょ!!

でもそんな期待とは裏腹に映画始まってしばらくのあいだ

4DXさん全く音沙汰無し

もう普通の映画です。はい

普通にルーシー楽しんでるけど腑に落ちねぇ

そう、だって4DXの料金は通常の約3倍!

3倍楽しいのだろうと思って来てるんですから!

でもね!おっさんの顔のどアップシーンでついに4DXの威力が発揮されたんです!

おじさんがフーって息を吐いた時に、前の座席から風がふわーって

おっさんのため息!!

普通おっさんのため息を最新技術で表現する!?!?

もっとこう・・・、あるだろう!!4DXで表現すべきシーンが!!

その後も酷い酷い

銃撃戦のシーンでは特に圧倒的でしたね

もう4DXの連射よ連射

そんでその絶妙な緩さというか、完成度の低さに突っ込みが間に合いませんから

まずね、耳元の空気

銃が発砲される度に耳元で「プスッ!!」って空気出るんです

相手がUZIサブマシンガン持ってたらそらもう「プスプスッ!プススプスプスプスプスッ!」ってね

耳元でプスプスうるせぇ!!

音どうにかならないかなあれ!?サイレンサー付けた銃の発砲音みたいだし結構デカいし、映画に集中できないったらないです!

そんでそのマシンガンで撃たれた相手はどうなりますか?

そうです!銃弾を体中に浴びて血しぶきが飛び散りますよね!

そしたらなんと4DXが水鉄砲で顔に水を飛ばしてくるんですよ!

血かよこれ!?血の表現いるかこれ!?

滝とか噴水とかならいいと思うけどさ!血しぶきは再現しなくてよくない!?!?

視聴者そんな臨場感求めてないから!!グロイよ!血を浴びたい物好きいないよ!!

あと顔に水かけられたらビクッてするから止めて!!あっぴ!ってなるから方言で言うと!!

それからまだまだ4DXの会心劇は止まりません!!

 

「この銃撃戦や!この銃撃戦に全てをかけるんや!」

4DXのシステムを映画に組み込む人の気合がこのシーンに凝縮されてます!

人が銃で撃たれたらどうなると思いますか!?

そのシーンを4DXで表現したらどうなると思いますか!?

そうです!火薬の匂いや、血生臭い匂いが漂ってしまうかもしれません!

4DXがやってくれました!一番盛り上がる銃撃戦のシーンで彼はなんとね!

お花畑の匂い

なんっっっでやねん!!!!!!!

色々ありましたがこの日一番の突っ込みどころでした

お前が再現出来る匂いはお花畑だけか!って

そんでなんで今その匂い出したし!って

火薬の匂いとか血生臭い匂い出せないんだったら大人しくしてろよ!って

もうね、映画の内容よりもその事で頭がいっぱい

周りの人もクスクス笑ってたもん、違和感が異常過ぎたよあのシーンはことあるごとに

あとルーシー自体の内容も不思議でしたね

まだ観てない人も多いと思うのでネタバレはしませんが、衝撃のラストです

どのくらい衝撃かって漫画でいうと「ドラゴンヘッド」のラストくらい衝撃

多分どっちも観た方なら共感してくれるんじゃないかな

 

という事でね!

初めての4DXでしたよ!

とにかく4DXを観る上で大事な事はただ一つ!

映画を選んで行った方が良いと思う!

ルーシーは間違いなく4DX向きじゃなかった断言する!

だって逆に4DXが映画の邪魔してたもん完全に

ポテンシャルは半端ないけどエラーばっかりの野球選手みたいなね

フィジカルは半端ないけどボールコントロール能力皆無のサッカー選手みたいなね

 

今度新しく公開される(アメリカでは上映中)新作ヒーロー映画「ドクターストレンジ」!

これは絶対4DXに合ってると思う!

アメコミヒーロー映画って基本的に派手だから、4DX多分かなり張り切るんじゃないかな!?ちゃんと実力を見せてくれるんじゃないかな!?

あとね、個人的に主演のベネディクト・カンバーバッチが大好きなんですよジャモジャム

ドラマのシャーロックホームズで主演やってたんですけどねカンバッチ、超カッコいいんですよ癖が凄くて

すっごい色白で身長が高くて、いかにも気難しそうな雰囲気が超クール!!

観たいなー!日本で上映始まったら観に行こうかなドクター・ストレンジ!(2Dでね)

あとね、4DXの文句ばっかり書いたけど、多分映画館によって使ってる種類とか新旧が違ったりとかもするかもしれないから、日本のはきっとちゃんとしてるんじゃないかと勝手に想像してます

だって普通さ、銃撃戦でお花畑の匂い流さないでしょ?ニュースですよ事件ですよ日本でもし同じことがあったら

そんなニュースが無いってことはきっと、日本のはもっと質が良いのでしょう!値段も断然高いしさ!

いつか日本の高い4DXも観てみたいなぁ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせフォームにご記入ください。
ジャムガルドの楽しみ方・プライバシーポリシー・問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る