プーケットとパタヤを比べたら断然パタヤがオススメな3つの理由

  • 2016/11/24
  • 4 comments

タイが大好き、ケバブが大好き、ジャムガルド編集長のジャミーです!
ケバブはトルコあたりのソウルフードですが、タイでも人気屋台フードです! タイに行ったら必ず食べます。というか世界中どこでもケバブを見つけたらケバブを食べるのです。

そんなジャミーさんが、今日は大好きな町、パタヤについて語ります。

スポンサードリンク

みなさん、パタヤって町を知ってますか?
「聞いたことないわ、そんな場所」ってそこのあなた、それじゃあプーケットって町は知ってますか?
たぶん、どこにあるかは知らなくても皆名前は聞いたことあるでしょう。
日本から安く行けるビーチリゾートとして有名ですね。次の休みの旅行先に考えている人もいるかもしれませんね。

By: reibai

 

でもちょっと待って!
プーケットに行こうとしているならば、パタヤもちょっと考えてみて!

というわけで、今回はプーケットより知名度の劣るパタヤをあえてプッシュしていきますよー!

それでは改めまして、プーケットとパタヤを比べたら断然パタヤがオススメな5つの理由スタートです。

 

1.バンコクから近い

まずこちらがパタヤの場所。あ、パッタヤーっていうらしいです、Googleさん的には。でもパタヤの方が一般的だと思います。
Googleさんを無視して今日はパタヤでいきましょう。
地図でみて分かる通り、バンコクのすぐ下にあります。車で2時間って所でしょうかね。

 

次にこちらがプーケットの場所。ちょっと地図を引かないと、バンコクがどこなのか分からないレベルで遠いのです。
バスで12時間ほどかかります。

もちろん日本からプーケットへの直行便もあるので、バンコクからの近さなんて関係ないって人もいるでしょう。
でもそれ以上に、「せっかくタイに行くんだからプーケットだけじゃなくてバンコクにも行ってみたいわね」って人がいると思うんですよ。

で、そういう人にはプーケットってちょっと大変。国内便でまた移動するか、節約重視の人なら長距離バスでほぼ1日費やすか・・・という選択に迫られちゃうんです。

そんな時パタヤなら、バスでたったの2時間でパッタヤ〜
ね、いいでしょ?

 

2.物価が安い

リゾート地として名を馳せてしまったプーケットはバックパッカーからすると地獄のように物価が高い町です。
日本から優雅な旅行に訪れる人にとっては安いんでしょうけど。

タイなのに1食に1000円以上さらっとかかっちゃいます。
タイなのに1泊に5000円とかザラなんです。
タイなのにマッサージが30分2000円とかするんです。

これで「安いじゃん」って思える人はどうぞプーケットを満喫してください。
タイなのに高い!って感じた人は、、、そうパタヤ!

パタヤなら1食500円以下の安心料金。
パタヤなら1泊3000円も出せばプール付き、朝食ビュッフェ付き。
パタヤなら600円で足腰がほぐされます。

 

でもプーケットだから価値が有るわけで・・・・パタヤじゃ意味なくない?って思うでしょ?
ちっちっちっ

 

3.プーケットとパタヤはほぼ一緒

ビーチの雰囲気といい、ピンクの歓楽街といい、ショッピングモールといい、プーケットとパタヤはほぼ一緒。笑
多分両方を何度か行き来してたらどっちがどっちか分からなくなるくらい、地形っていうか町の形も一緒。
あえて違いを言うならピンクなお店やバーがパタヤの方が若干多いかな? 歓楽街と言っても、夜でも子連れ観光客が普通に歩ける観光地です。

あ、プーケットは日本人観光客だらけだけど、パタヤではほとんど見かけないって所が一番の違いかもしれません。

 

まとめ:パタヤは楽しい観光地

日本人でパタヤを知っている人は男性が圧倒的に多いです。それはパタヤが「売春」で知名度が高かったからかもしれません。
なので未だに日本人の中ではパタヤにマイナスな印象があって、ビーチリゾートという認識はなかなかされないのかもしれません。

だけど実際は、、、綺麗なショッピングモールもあって、レストランも豊富で、ローカルショップもいっぱいで、ナイトマーケットも盛んで、欧米のファミリー層も沢山訪れる観光地なんです。

 

そもそもパタヤは日本で言う逗子みたいなところ。都心からすぐに行けるビーチ。だから観光客向けビジネスもとても盛んでとっても楽しい町。
ちょっとフェリーに乗れば、アイランドリゾートもすぐ目の前に(ラン島)!

そして私が世界一好きなケバブ屋さん(当然安い。60バーツでお腹いっぱい。)もパタヤの歓楽街にあるのです!!!(結局そこが一番大事!)
どこどこ〜食べに行きた〜いって奇特な方がいましたらコメントくださいね♪

youtubeでゲーム実況を行ってます!気に入って頂けたらチャンネル登録お願いします!



日本でもリアルマネーで遊べるベラジョンカジノ

登録方法・ボーナス申請方法・入金方法・遊び方


バカラ好き必見!合法オンラインカジノ

2017/5/18:ケバブ屋さんの地図を追加!
ストリートビューでみるとピンクの屋台がソレです。

パタヤケバブ

別の屋台になってたらごめんなさい。m(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • 和美
    • 2017年 4月 13日

    初めまして。娘が6月の下旬に友達とタイに行こうと計画しています。モンスーンが心配ですが、どうですか?そんなに行動するのが重点ではなく、のんびりプールで泳いだりするのを考えています。

      • ジャミー
      • 2017年 4月 13日

      和美さん こんにちは。
      モンスーンの時期でも朝から晩までずっと雨という日はそんなにありません。
      夕方に雷が鳴り出したなぁと思っているとスコールが来て数時間雨というパターンが多い気がします。
      といってもお天気ばかりは運に任せるしかありませんが、パタヤもプーケットもショッピングモールが充実していますし、タイマッサージやショッピング、日本では未公開の映画を格安で楽しむ等、雨でも楽しめると思いますよ。
      あと、雨の時期は汚れた水溜りがあちこちに出来ますので、汚れてもいいサンダルで、丈が短めのボトムスで歩くことをオススメします(^-^)
      と娘さんにお伝えください♪
      娘さんの旅が楽しいものになることを祈っています!

    • haru
    • 2017年 5月 18日

    ジャミーさんこんにちは(^^♪

    7月にプーケットかパタヤに旅行を予定しております!
    私も大のケバブ好きでこの投稿を読んでついついコメントしちゃいました!
    ぜひ、お店の名前をおしえていただきたいです!

    よろしくお願いいたします(^^)/

      • ジャミー
      • 2017年 5月 18日

      haruさん、コメントありがとうございます!
      7月に行くんですね☆いいないいな〜♪
      パタヤとプーケット、どちらに行くにしろ思いっきり楽しんできてください!

      で、ケバブやさんの名前ですが、屋台のようなお店なので名前なんてあってないようなもの・・・
      なので記事の一番最後にマップを追加しておきました〜
      画像右端のピンクのお店です。

      画像では昼間にオープンしていますが、ほとんど昼間は開いてません。
      だいたい18時以降におばちゃんが準備し始めるので夜に行ったほうが確実です。
      ソースは好みが有ると思いますが、ガーリックマヨネーズがオススメです!笑

      もし行くことがあったら感想聞かせてくださいね〜(旅行話も)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせフォームにご記入ください。
ジャムガルドの楽しみ方・プライバシーポリシー・問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る