FF15のレビューの面白い部分まとめ笑

衝撃の話題作がついに発売し、発売後もその話題は尽きません!

発売日に購入する派の人、発売日に購入した人のレビューを参考にして購入する派の人といますが、ジャモジャムはレビューを参考にする派です

そこでFF15のレビューを色々と見ていたところ「これは購入せざるをえないな!」と思わせるような面白いレビューの数々!

世紀の話題作なだけに、そのレビュー数は半端ではありません!なんと既に1000件越え!そのため面白いためになるレビューだけをまとめました!

レビューまとめの前に召喚獣まとめ動画もご覧ください♪

厳選したFF15の面白いレビューまとめ

※ネタバレ、過激な表現が含まれます

最初の6章ぐらいまでは本当に楽しく、初めて召喚獣と戦ったときなどにはこれが次世代のFFかと思うほどにワクワクした気持ちでプレイしていましたhttps://www.amazon.co.jp
アクションについて言うことはありません、最高だと思っています。
しかし、仲間のAIだけは本当になんとかならなかったのでしょうか。
特に中盤以降、そのアホさ加減には本当に気力を削がれました。
敵の攻撃を棒立ちでくらい、エリクサーやポーションを無駄に消費させてくれるhttps://www.amazon.co.jp
第13章「奪還」、この章を考えた人作った人はほんとに反省してほしいhttps://www.amazon.co.jp
この章では仲間とは別行動で主人公のノクト一人で進むことになります、また武器も使えません
使えるのは「デス」「ホーリー」等一部の魔法のみです
そんな状態で進むのは、人が2人すれ違えるかどうかという細さの薄暗い通路です
そこにはロボットのような敵が複数配置されていて、やり過ごすことも出来ますが多くは戦わないと先に進めません
先に進むとドアがあります、ドアの先にはまた薄暗い細い通路、そしてロボットの敵がまた襲ってきます
ダンジョン内のドア、マップ構成は殆どコピペで自動作成ダンジョンでは?と思えてくるほどの出来です
通路が細いため、当然戦闘中のカメラはひどいことになっています、主人公の姿が見えず壁だけが表示されるような時もあります
そんな状態で敵に追い回され、捕まれ(○ボタンを連打しろ!)、戦闘を強いられます
戦闘といってもやることは□ボタンおしっぱにして回避し「ホーリー」を出す作業です、「デス」はスキが大きいので実際やることは「ホーリー」の連打

【この作業が2時間以上続きます】

このゲームのメインストーリー部分は大体20時間程度でクリアできるので、そのおよそ1/10がこの13章で「ホーリー」を連打する作業になります
はっきり言って地獄です
同じ景色、同じドア、同じ敵…悪夢の中に迷い込んだようなそのダンジョンでの2時間以上のプレイに貴方は耐えることができるでしょうか、私にはきつかった
しかも普通に戦闘するならまだしも、武器も仲間もいないのでホーリー連打しかありません
敵に見つかる→デデデデデデデデデデ♪(BGM)→ホーリー発動→ドン!(敵にダメージ)→ホーリー発動!→ドン!(敵にダメージ)… →敵を倒す→敵に見つかる→デデデデデデデデデデ(ry 正直、やってるとストレスで頭がおかしくなりそうでした
この章考えたやつはテストプレイしてないだろふざけんな、よくこれで発売したなhttps://www.amazon.co.jp

序盤でこのゲームのほとんどの要素が楽しめます。
ストーリーが進むにつれやれることが少なくなってきて、最近のFFによくある、やらされるゲームになります。
終盤には攻撃手段すら奪われ、縛りプレイになります。
序盤の要素は楽しめたのですが、ストーリーが陳腐なので楽しい要素もやる気が削がれます。
あ、でもFF13-2よりはマシです。https://www.amazon.co.jp
ボリュームも少なく正味20時間程で終わります。普通なら中盤くらいでしょう。
正直ヴェルサス時代から期待していたファンはガッカリだと思いますhttps://www.amazon.co.jp
おにぎりのポリゴンがリヴァイアサンと同じになっちゃった、とかほざく前にもっとやるべき事があったのではないでしょうか。
作中で主人公たちが移動中「だりーなー」とか「これってお使いだよな…」と言う場面に遭遇しましたが、そんな音声収録する前に分かってるならお使いだらけのサブクエ改善しろやと思わずにはいられませんでした。
確かにディテールに神が宿るほど料理や風景を作り込んでいることは分かりますしそれも世界を作るうえで大事だとは思いますが、木をみて森を見ずとはまさにこのことかhttps://www.amazon.co.jp
私はアラサーですが、中二病をこじらせたような世界観に全く馴染めませんでした。
いくらファンタジーでももっと重厚な雰囲気を作れると思います。
反抗期のような主人公や、自分の出身地が大変なことになっているのに、のんきに旅先で自撮りをしちゃうパーティーメンバーなどに全く感情移入できませんでしたhttps://www.amazon.co.jp
一番酷いのはFF15になってからの広告と製品版の違いやシナリオ演出が酷いhttps://www.amazon.co.jp
ATRという公式生放送でワールドマップの模型を公開したことがありました。
それが製品版では1/10ほどの面積に減っています。
体験版ではまるでオープンワールドゲームのように見せていますが、それもシナリオ前半まで。
後半からはリニア展開の電車旅と苦痛な13章のダンジョンが待っていました。
苦痛ならまだいいがユーザーを楽しませる気がないのが伝わって来る。
尺稼ぎのためだけのレベリングバランスです。
それとこのAmazonページにもある「どこまでも広がる世界」の左側にある写真。
まるでこの幻想的な森の都を旅出来るように広告していますが、この都は駅を降りたら石橋と空き地しか出てきません。
こういった誇大広告がめちゃくちゃ多いので、これから遊ぶプレイヤーも気がつく人が増えるでしょう。
あと、2016年9月のPVではチョコボでガードレールを飛び越せるPVでしたが延期後製品版では飛び越せません。
モブハントも一括受注ができず、わざわざ受注しては移動してハントして戻ってを繰り返します。
MMOを作って来たスクエニが一括受注すら出来ないはずがありません。
これもおそらくプレイ時間の水増しのための意図した仕様でしょう。
さらに怒りを覚えたのがメインキャラクターのように見せているヒロインであるルーナのイベント登場時間が30分程度しかない。
パーティーキャラでもなんでもなく、イベントシーンでしか出てきません。
公式ツイッターで見せていたあのノクティスとルーナが並んだポスターはなんなのでしょう?https://www.amazon.co.jp
声優や開発スタッフの皆さんはお疲れ様でした。特にエフェクトは一級品だと思います。
未完成やダメダメな進行バランスで発売した田畑ディレクターやそれを許可した松田社長、楽しくない話を作ったシナリオ班の皆さんはなぜ反感を持たれているか反省していただきたい。
今回の件でスクエニが嫌いになりました。https://www.amazon.co.jp
中盤から~後半、エンディングまでの流れはゲーム部分もシナリオも何もかもが酷い、酷すぎる
打ち切りマンガを彷彿とさせるソードマスターヤマトばりのダイジェスト
パーティーメンバーの頭がおかしくなったとしか思えないセリフが飛び交う意味不明な展開と会話シーンhttps://www.amazon.co.jp
あまりにも田畑Dがついた嘘が多すぎて誇張なしで分厚い本が作れそうですが
インタビュー記事を読むと根本的に人格に問題がありそうなので
騙されたユーザーに集団訴訟でも起こされて鬱病にでもなればいいと思います
松田社長は早めにコイツをクビにして謝罪会見でも開くべき
FFブラントは今作で完全に死にました
15の開発陣が自らバカにしていた13以下ですhttps://www.amazon.co.jp
ざっくりと他の方のレビューを見させていただいたのですが、 ☆1を付けている方の多くが、前半は面白いとおっしゃっていることに驚きました。
私はおそらくまだ前半にいると思うのですが(6章)、全然面白くないですhttps://www.amazon.co.jp
ストーリーが理解できないhttps://www.amazon.co.jp
主人公が今どんな気持ちで、何の為に、どうしようとしているのかわかりません。
主人公は精神年齢が小学生並で、愚痴しか吐かないのです。
愚痴の内容も、「なんでなんだよ!」のような、情報になっていない言葉しか吐きませんhttps://www.amazon.co.jp
さっきまで怒り狂っていたキャラが、次の瞬間には「いい天気だね~」とか言ってます。
頭がおかしくなりそうhttps://www.amazon.co.jp
■バグ満載
重要シーンで謎の文字が画面に表示される等、進行不可能バグや表示バグ等々、枚挙に暇がない無いほどバグ満載https://www.amazon.co.jp
■無意味なこだわり
料理のクオリティにこだわったと広告にはありましたが、そのクオリティもおにぎり以外はてんで大した事がありません
フライドポテトなんて隣にケチャップらしき物がないとイモケンピと見分けがつきません、おまけに凄くまずそうです。
しかもこだわったのはグラフィックだけでそれを食べる描写はお粗末で、シチューなんてよく見ると手づかみで食べてますhttps://www.amazon.co.jp
■QTE地獄
案の定というか、私の大嫌いなQTEが後半は山ほど登場します。
重要な戦闘ではほぼQTEでボスを倒すといっても良いでしょう、従来の戦闘システムの出番がどんどん減っていきます。
レベルデザイン(ゲームの難易度や面白さの調整)においてもFF史上最低のクオリティと言ってよいと思います。
通常の戦闘システムは○ボタン押しっぱなしでクリアできるものの一応光る部分もあるのですが、後半はQTEばかりが目につきます。https://www.amazon.co.jp

QTEとは、ムービー中などに画面に「○ボタンを押せ!」などの指示が出るシステムのことです
案外難しく、苦手な人も多い
ジャモジャムはムービーシーンなどではコントローラーから手を離しちゃうので、QTEは苦手です

■総評
よくも・・・よくも、こんな物をさも傑作の様な顔をして世に出したなと寒気がします。
「良いアニメは食べ物が美味しそう」と言うのは片手落ちの理解で、重要なのは食べ物を登場人物がどう食べるのかが大事なんです。
悪役は粗末に汚く食べ、優しい人はまずは動物達や仲間に先に食べさせる、そういう演出が食事の重要性なんです。
普遍的に誰しもが行う食事だからこそキャラクターの性格を演出するのに効果的な手法なのです。
別に食べ物をリアルにすればそれで良いわけではありません、事ほど然様にこの制作チームは物事の本質の理解が浅く
表面的で薄っぺらい部分しか見えていません、旅だからと言って移動パートばかり入れてみたり
男の友情だからとベタベタ気持ち悪い位に言葉にだして「好きだ」と馴れ合いさせてみたり
いい歳の男同士の旅にスタンドバイミーという選曲も安易で最低、あれは思春期の少年達だから絵になるのです。 https://www.amazon.co.jp
私は13の後から待っていたのでかれこれ7年くらいまったかな
長く待っただけに本当に人生で1番がっかりしたかも…
特に酷いと感じたのはメインストーリー。https://www.amazon.co.jp
先ほど全クリしたので、早速レビュー致します。

感情がこもってるので長文です。

このゲームは10年前からずっと待ち望んでいた物でした。
体験版エピソードダスカの為だけにPSPで既にプレイ済みのPS4盤FF零式を買い、映画も見に行きました。
映画のクオリティーは凄く、それに続く本編はどんなストーリーや冒険が待っているのだろう? と、胸に期待を膨らませながら発売するのを待っていました。
この為にPS4からPROに乗り換え、4KTVにプレミアムHDMIまで用意した程です。
ゲームを開始してから思ったことは、「そこまでグラフィックス綺麗ではないよね?」 という事です。
PS4PROと4KTVで極上体験と言ってたので、拍子抜けしました。
正直海外のゲームに比べると微妙です。
一見背景は美しく見えるんですが、止まって良く見るとがっかりします。 (環境を整えて期待し過ぎたからかもしれませんが) もっと具体的には、イベントシーンでのキャラクターや車に乗ってる時の髪の毛の表現など、所々で荒さが目立ちます。
特に海を見た時は本当にがっかりしました。
全然美しくないし、波の表現も何かゲームっぽいというか不自然なんですよ。
3年前にプレイしたアサシンクリード4の足元にも及びません。
どうしても所々で荒く感じてしまうんですよね。
極上クオリティーとか言われてますが、この程度のグラフィックスは、PS4を発売日からプレイしている自分からしたら普通です。
でもゲームが面白ければと思い、内容に期待してプレイして行きました。
プレイした感想なのですが、序盤から中盤までは楽しめます。
仲間と旅してる感じもあり、ダンジョンもイベントも本当に楽しかったです。
ここまででしたら⭐4~5でレビューしようと思っていました。 (chapter8まででしたら) しかし、途中からゲームが一変します。
何ですか?これは… 中盤から(と思いきや終盤?)のなし崩し的な展開は。https://www.amazon.co.jp

いかがでしたでしょうか!?

これほど熱いコメントが並ぶ商品はなかなかありません!

どれほど期待されていたか、どれほどファンが待ち焦がれていたかがよく伝わります

ジャモジャム、FF15の商品レビューを読んでいたら3時間ぐらい経っていました

みなさん気持ちが込もっているため、読んじゃうんですよね際限なく

このまとめは厳選したものだけですので、まだまだ数え切れないくらいのレビューがあります

気になる方は是非商品ページをごらんください

youtubeでゲーム実況を行ってます!
気に入って頂けたらチャンネル登録お願いします!



日本でもリアルマネーで遊べるベラジョンカジノ

登録方法・ボーナス申請方法・入金方法・遊び方


バカラ好き必見!合法オンラインカジノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせフォームにご記入ください。
ジャムガルドの楽しみ方・プライバシーポリシー・問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る