ストレス発散、ストレス解消に効果的ランキング!

人の心には鬼が潜んでいます!

どんなに温厚な人でも、例えば仕事で嫌なことが続いてしまったり、人間関係がうまくいっていなかったりしたら、ストレスが溜まってしまいます。

お腹が減ってもストレスは溜まりますし、睡眠時間が足りていなくてもストレスは溜まります。

その溜まったストレスにより、周りの人に対してのあたりが強くなり、またギクシャクして、またストレスが溜まります。

こんな負の連鎖が続いてしまってはいませんか?

 

「人間は、どうしてこれほど賢く進化したというのに、どんな動物よりも不幸になれるのか」

考えたことはございませんか?

なんだか宗教的な雰囲気がしますが、人は苦悩する生き物です。

しかし、その苦悩と上手に戦うことが出来るのも人間です!

そんなストレスとの戦い方をご紹介します!

 

オススメのストレス解消法ベスト3!

 

第3位 ヨガやストレッチをする

By: Seniju

手軽さ 100点

即効性 100点

効き目 80点

オススメ度90点!

きっと職場でも疲れた時に背伸びをする方がいらっしゃると思いますが、それと同じことです。

体の凝りをほぐすことで、肉体的なストレスを軽減し、同時に精神的ストレスも軽減することができます。

イライラしてどうしようもなくなったら、まずは大きく手を上に伸ばし、深呼吸をしましょう。

それだけでも、すーっと心と体が軽くなるのを感じるはずです。

理想は、ヨガマットを敷いて10分以上念入りに体の節々をほぐすのが良いのですが、なかなかそんな状況は難しいですよね。

もし在宅ワークでストレスが溜まったり、家事でイライラした場合は、家で入念に10分以上ヨガやストレッチをしてみてください。

 

第2位 泣く

手軽さ 80

即効性 100点

効き目 95点

オススメ度95点!

涙の中にはストレスの原因となる成分が含まれているということは有名ですよね。

泣くという行為は、自分自身をストレスから解放するための防衛行為なのです。

しかし、ストレスを感じているが、とても泣くような状況ではないということは多いと思います。

例えば、覚えの悪い部下に辟易してストレスを抱えている時。

そんな時に泣いてしまっては「この人情緒不安定なのかな?」と疑惑がかけられてしまいます。

そのため、立場上泣くという手段が取りにくいという人も多いと思いますが、もし泣ける状況であれば、無理やりでも泣いときましょう。

人に見られると困るという人は、トイレに篭って泣くのも良いです。

涙さえ流せば、ストレスは大きく軽減されますから。

家に帰ってから、泣ける映画なども視聴するのも良いですね。

 

第1位 叫ぶ

手軽さ 60

即効性 100点

効き目 100点

オススメ度100点!

実は最もストレス解消に効果的な行動が「叫ぶ」こと。

「あぁぁぁぁぁぁ!!!!!」でも

「おぉぉぉぉぉぉ!!!!!」でも、なんでもいいです。

カラオケに行って熱唱するのももちろん良いです。

しかし、叫べる空間というのが都会にはどうしても少ないです。

面倒ですが、カラオケルームなどの防音設備が整った施設に行かなくてはなりません。

もし家の中で手軽に叫びたいという人は、こういう方法もあります。

ダンぼっち

※画像クリックで商品ページへ。レビューなどが見れます

この商品は、家庭用簡易防音ルームで、段ボール製なので防音ルームとしては破格の値段で買えます。

しかし、全力の大声はちょっと厳しいという意見が多いようですね。

ダンぼっちも良いですが、私がオススメしているのは、分厚く畳んだ毛布に向かって顔面を突っ込み、叫ぶというものです。

息苦しいですが、どんなに大声を出しても周りの人に迷惑がかかりません。

それに、毛布なら誰の家にもあると思うので、非常に手軽です。

もし仕事でイライラした場合、家に帰ったらまずは毛布に向かって叫びましょう。

そうやってストレスを無くしてから家族と接することで、良い父親になることができます。

仕事のストレスを家族に振り撒いてしまうのは、新たな負の連鎖が生まれてしまうため好ましいことではありません。

家庭環境に仕事のストレスを持ち込まないよう努力しましょう。

 

私の職場の知り合いで、大きなクッションを持ってきている女性がいます。

彼女は40歳台後半で、日頃からイライラしている自分をどうにかしたいのでしょう、時折そのクッションに向かって叫んでいます。

側からみたら変な人ですが、その職場は人数が10数名ほどで、アットホームは雰囲気のため、気兼ねなく叫んでおります。

それが連鎖し、別の人も社内に持ち込みこそしませんが、家で毛布やクッションに向かって叫ぶようになったという人が増えました。

実際に効果があるので、ぜひ試してみてください。

 

ストレスという魔物

あれが欲しいという欲望。

欲望の原動力はストレスです。

そういう点では、人はストレスのおかげで発展できたと言っても良いのかもしれません。

しかし、いくら暮らしが便利になったとしても、ストレスでボロボロになっている人を見るたびに、ストレスの恐ろしさを再確認できます。

ほとんどの事件は、人のストレスによって生まれています。

もしもタバコや麻薬のようにストレスが解消できて、なおかつ身体に悪影響の無い物があったら、この世界は少しだけでも穏やかになることができるのでしょうか。

そんなものがなくても、セルフストレスリリービング(ストレスリリーヴィング)自己ストレス解消を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせフォームにご記入ください。
ジャムガルドの楽しみ方・プライバシーポリシー・問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る