25歳の成人男性、ヘビに丸呑みされた状態で発見される【画像あり】

WARNING:この記事は遺体の写った画像を含みます。

そのショッキングな出来事が起こったのはのはインドネシアのセレベス島。
日曜日に椰子油の収穫を終えたアクバルさんが夜になっても家に戻ってこないため、心配した友人や親族達が捜索していたところ、翌日の夜に裏庭に7っもある巨大なパイソンを発見。
そのお腹は大きく膨らみパイソンは重みで動くのが困難になっていた。
そんなまさか・・・

スポンサードリンク

 

友人たちは近隣住民達とパイソンを捕獲しナイフでお腹を切り開くことに。

pyhton
Photo: Viral Press

友人たちの嫌な予感は的中し、切り開いたパイソンのお腹の中から衣服やブーツも履いたままのアクバルさんが発見された。
発見された時には既にアクバルさんの息は無かったそうだ。

pyhton2

子鹿やヤギなど大きめの動物や人間の子供が犠牲になる話は聞いたことがあるが成人男性をも丸呑みしてしまうとは、改めてヘビの脅威を感じさせられる。
2012年には日本でもペットショップ店員がパイソンに首を絞められて亡くなっているのが発見されたが、飲み込まれはしていなかった。

 

パイソン(Python)

別名アミメニシキヘビ。
アナコンダとともに世界最長クラスのヘビとして知られ、これまでに見つかった最長のパイソンは9m90cmにもなるという。
生息地はインド、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、フィリピンと、東南アジア全域。
夜行性で、日中は草陰などに隠れている。
獲物に噛みつき、身体を巻きつけて窒息させてからゆっくり飲み込む捕食スタイル。

youtubeでゲーム実況を行ってます!気に入って頂けたらチャンネル登録お願いします!



日本でもリアルマネーで遊べるベラジョンカジノ

登録方法・ボーナス申請方法・入金方法・遊び方


バカラ好き必見!合法オンラインカジノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

こちらのページから、お問い合わせフォームにご記入ください。
ジャムガルドの楽しみ方・プライバシーポリシー・問い合わせフォーム

ページ上部へ戻る